猫ちゃんのご飯の選び方

餌

年齢で選ぶ事も大事

キャットフードって沢山の種類があり迷いますよね。離乳期から1歳頃までの子猫ちゃん、室内のみで飼っている猫ちゃん、高齢になった猫ちゃん。「うちの猫ちゃんにはどんなのがいいのかしら。」とお悩みの飼い主さんにどんなキャットフードがおすすめかを調べてみました。離乳食を始めたばかりの子猫ちゃんは急激に成長する時期です。この頃は成猫の約3倍の栄養が必要と言われています。だからと言って沢山食べられるわけではないので、1粒に必要な栄養素がしっかり詰まったキャットフードがおすすめです。高タンパクで高カロリーのキャットフードを選んであげてください。離乳したての子猫ちゃんにはふやかしたのから始めて、小粒タイプにしていくのがベストです。次は5歳くらいまでの猫ちゃんにおすすめのキャットフードです。体もしっかり出来上がっているので、子猫ちゃんほど高タンパクで高カロリーは必要ありません。特に室内で飼っている場合は、子猫ちゃんと同じだと運動量が少ないので肥満の原因になります。肥満になると様々な病気の原因になるのでここは要注意。成猫期に必要なのは、病気に負けない健康体を維持する事です。免疫力や抵抗力をつけてあげる事が大事という事ですね。抗酸化作用があると言われるビタミンA・C ・Eが入ったキャットフードがおすすめです。5歳を過ぎた老猫ちゃんは、内臓機能に衰えが出てきます。運動量も減り、消化器系も弱くなっていきます。消化吸収が良くて少ない量でも栄養が取れる食事が大事。高タンパクで、脂質も丁度良く配合されている物がおすすめです。消化器系に負担がかからないように、栄養穀物が含まれるキャットフードは気をつけてあげた方が良いようです。

Copyright© 2018 愛猫の食事にはキャットフードがおすすめ|手作りごはんとの違いって All Rights Reserved.