ネコ

良質な原材料を使用

キャットフードは実に多くの種類がありますが、粗悪なフードは健康に悪い影響が出てしまう可能性がありますので、できるだけ良質なものを選んであげることがおすすめです。原材料の質や穀物、添加物の有無などはよく確認して選びましょう。

餌

猫ちゃんのご飯の選び方

猫ちゃんの年齢によって必要なカロリーも栄養も違いがあります。栄養素やカロリー表示、食べやすい硬さか大きさかを考えてキャットフードを選ぶ事をおすすめします。大事な家族ですから、病気にかかる事なくいつまでも元気に長生きして欲しいですからね。

猫

基本はドライフード

キャットフードはドライフードとウェットフードに大別されますが基本的にはドライフードがおすすめです。保存性が高く猫の歯を守ってくれるためです。また成長段階と好み、体調に合わせて選ぶのがポイントです。最初は少量から買うとよいでしょう。

ネコ

ペットにも安全なフードを

猫の間でアレルギーが増えていますが、この原因は人間と同じで食べ物が原因になっていることが多いようです。それを防ぐ意味でも、安全性や原材料に配慮したグレインフリーや無添加のキャットフードをおすすめします。

エサ

月にいくらかかるのか

猫一匹にかかるキャットフードの消費は、月に3,000円から5,000円程度だと言われています。ネットでおすすめされている商品を比較したり、安価なものや手製の食事を織り交ぜたりしてやりくりをしてみましょう。

猫ちゃんの食事

猫

猫ちゃんの長生きのために

まんまるお目目で縫いぐるみのようなふわふわな体、ちょっとツンデレなかわいい癒しといえば、猫ちゃんですよね。みなさんの家庭でも飼われているでしょうか。猫ちゃんといえば「魚」を食べているイメージがありますが、魚だけを食べさせればいいわけではありませんよ。猫ちゃんだって私たちと同じようにバランスよく食べなければ身体を悪くしてしまいます。しかし、食事をさせるにも味付けや栄養バランスはどうしたらいいんだろうと悩みがちになってしまうという人も多いでしょう。猫ちゃんにバランスのよい食事をさせてあげるにはキャットフードをおすすめします。キャットフードは猫ちゃんに必要な栄養バランスがきちんと計算されていますし、年齢、体質に合わせたものも多数あります。例えば子猫には子猫用。大きくなったら成猫用。メーカーによってはお肉味、魚味など香りを変えてあったり、ドライ、ウエットなど形状の違うものもあります。また、キャットフードには元気な猫ちゃんが食べる一般食と病気治療中の猫ちゃんが食べる治療食があります。含まれる栄養素が変わってくるので病気治療の猫ちゃんには治療食をおすすめします。一般食はホームセンターやペットショップで誰でも購入可能ですが、治療の際は動物病院での診察を受けた上での購入がおすすめです。病気に見合った治療食を購入するようにしましょう。また、病気ではなくても高齢猫ちゃんには高齢猫用のキャットフードをおすすめします。若い猫ちゃんと比べて必要な栄養素が変わってくるからです。愛猫に健康に長生きしてもらうためにも、バランスの整った食事を与えてあげて下さい。

Copyright© 2018 愛猫の食事にはキャットフードがおすすめ|手作りごはんとの違いって All Rights Reserved.